未成年相手は絶対に避けるべき

beauty-1260975_1280-min
スマホや携帯電話を持っている未成年は、今はもう珍しくありません。またパソコンが「一家に一台」から「一人に一台」という風潮になり、誰でもインターネットに触れられる環境になっています。インターネットは匿名で、一人でできるので、誰が、いつやっているのかが分からないものです。こういった中で、未成年であろうとも無料出会い系サイトを利用しているケースがあるのです。

■未成年が無料出会い系サイトを利用する理由とは

未成年、特に中高生は興味本位で無料出会い系サイトを利用します。ただでさえ、好奇心旺盛で、何にでも簡単に感化され、色々と変わりやすい年頃です。それまで関わりのなかった大人の世界に興味を持つ気持ちは、それを経てきた大人の方であれば分かるはずです。特に中高生の女性は、大人の世界に強い憧れを持ちます。ただでさえ同世代の男性よりも精神年齢が高く、自動車やお金を持っている、仕事をしている男性に強い憧れを持ちやすいものです。また、大人の人とのやり取りをしているだけで同世代から羨望の眼差しを得ることができます。中高生にとって無料出会い系サイトは刺激をくれるものなのです。

■絶対に相手にしてはいけない

結論から言うと、未成年を相手にしては、絶対にいけません。先ほども述べたように、未成年は変わりやすく、大人にとっては扱いやすく、もっと悪く言えば、言いくるめやすいものです。しかし、無料出会い系サイトで実際にやり取りして、会うとなれば、それは大きなリスクが伴います。まず、会っただけでも青少年保護法令などの違反となり、罰を受けることになります。未成年の方との同意があっても、同様です。そこから友達関係、恋人関係、またはそれ以上になった場合には尚更、罰は重くなります。出会いを求めたい場合、未成年はリスクが高すぎるのです。また逆に、相手が未成年というメリットは大きくないです。若さを求めたいなら、若い成人の方でも十分だと思います。相手が未成年だと分かれば、即刻やり取りをやめることをおすすめします。

■未成年だと見破るコツ

無料出会い系サイトでやり取りしている最中に、相手が未成年だと見破るのは、大人であれば意外と簡単だと思います。言葉や文章の端々に違和感を覚えることでしょう。また相手に年齢を聞いたところで嘘を付く場合もあるので、年齢を聞くのはあまり効果的とは言えません。大人は多分、すぐに分かると思いますが、例えばどういった部分があるのか、少し挙げてみます。

・知識がいちいち浅い

やり取りをしていると、知識がいちいち浅い相手は未成年だと思っても良いと思います。知識が浅い割に、深いように見せるというのは子供ならではという所でしょうか。また土地勘にも疎く、地元しか知らない場合もあるので、「私、○○に旅行したことがある」と言っても、その場所についての話が拡がらないときは、ちょっと怪しいと思うべきです。また、本当に成人だとしても、そういった相手を避けても問題ないかとも思います。

・口調で見破る

未成年の特徴ですが、口調や言葉が通じないこともあります。最近の流行り言葉や、友達、学校内のみで流行している言葉を多用する場合です。例えば、最近では「パリピ(意味:パーティーピーポー:賑やかで社交的な人)」、「cp(意味:カップル)」、「メンディー(意味:めんどくさい)」などが挙げられRます。

■最後に

未成年は、やはり経験が浅く、大人であれば簡単に見破ることもできると思います。それを知った上でやり取りする大人は多いです。しかし、リスクが高く、公になったときの被害は計り知れないので、未成年相手は避けるに越したことはないです。

無料出会い系サイト情報 TOP

      2016/06/01

 - 注意すべき点